<   2005年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

映画二本立て!

日曜は引きこもると決めてたんで、映画二本立てで鑑賞しました。

一本目は【SWING GIRLS】

何かいぐね~いぐね~?

前作?【WATER BOYS】と同じ様なお馬鹿なハイテンションなノリで、
学生達が一つの目的達成の為に頑張っていくお話です。

今作では、女子高生達がひょんな事から吹奏楽のピンチヒッターとして
ビックバンドジャズをする羽目になってしまうのだが・・・

最初は嫌々やっていたものの、徐々に演奏する楽しさに目覚め始め、
最後はみんなで大合奏!と言う感じで話は進むのですが、
みんなで一緒にバンドをするという事に重点が置かれている為、
練習課程が余り描かれず、みんな急に演奏が上手くなったような感じがして
見ててちょっと説明不足感が有るのは否めないです。

但しこの映画は、そんな細かい点を補う程の魅力が有り、終始面白可笑しく楽しめました。
それに話の舞台が田舎だったのも、女子高生達の素朴さが出て、
嫌味が無く見る事が出来たのも成功要因の一つと言えるでしょうね。

これが都会の女子高生だったら、こんなに楽しい映画にならなかったでしょう。

このシリーズは、見てて本当に学生達の楽しさが伝わってくる感じがし、自分は大好きですね。
評価:★★★★★



続いて二本目【ブリジットジョーンズの日記】

今更な感じですが・・・

前に見た【SWING GIRLS】のインパクトが大きかったせいか、
大して何にも残らなかったです(汗

面白いには面白かったんですが、
レニーゼルヴィガー扮する主人公が余りに駄目駄目な女性で、
見ててなんか切なくなって来ちゃいました。
評価:★★★☆☆

機会があったら2作目も見てみたいと思います。
評価がメッチャ適当だ・・・
[PR]

  by justice_fc3s | 2005-05-29 23:00 | 映像

交渉人 真下正義

鑑賞してきました。

ネット評判では、ちょいと微妙な評価。

前半はパニックな状況を上手く演出し、興奮した展開で楽しめたが、
中盤からはダレてきて、ラストはお約束のご都合主義。

なんて結構辛口な書き込みを見かけたりもしましたが、実際鑑賞してみるとまさにそんな感じ。

・・・確かに中盤の交渉部分はダレたし、事件解決までもご都合主義バリバリでしたが、
それでもやはり【踊る】シリーズは、人を引きつける魅力があるというか、見てて凄い楽しかったです。


ただぁぁぁぁし!!
一緒に見に行った人にも散々訴えたのですが、ラストだけはどうしても納得がいかない!!!!!!

!以下ラストのネタバレ有り要注意!















ラストに犯人自爆して、結局犯人判らずじまいで終了ってどういう事よ?

『犯人が分からないけど死んじゃったからまぁいいや!』

的な終わり方は、事件モノではどうなんでしょうかね?自分的には納得イカンです!
鑑賞してて、最後の最後まで犯人は誰か?ってドキドキしてたのに、ホント裏切られた感じ。
実は最後の最後でどんでん返しが有るかとちょっと期待してたんですが、全く無かったし・・・

「犯人は本当に幽霊だったのか?」

なんて、納得出来るか!!

しかし、何でこんな終わり方しちゃったのか、無い知恵搾ってちょっと考えてみました。

この映画の主題は【交渉人】
あくまで交渉がメインという事なので、不透明な人物像から犯人を特定していくってのが、
今回の映画の主な目的であり、実際の犯人は誰かなんてどうでも良かったのかな?
なんて考えちゃったりもしてます。

けど、今までの踊るシリーズ(映画版)は、捜査してきちんと犯人を割り出していってたし、
今作で、犯人を不透明なままにしておく必要性はあったんですかね?

一応今作のラストで、次回に続くような伏線を張って物語は終了します。
なので、次作【容疑者 室井慎次】で、もしかしたら犯人が明かされたりするかもしれませんが、
それならそれで、実は犯人は次回作で?的な事もちょっと臭わせて欲しかったかも。
しかし、次回作の容疑者は室井さんって事になってるから無理って事で、
今回のような終わり方になったんですかね?


と書いていくうちに、何かその線で納得出来て来ちゃったんですがw

何か中途半端感が否めなかったのは確かなんですが、上のような考え方をしてみたら
それも有りかな?と思えてきた、自分の考えの移り変わりの早さがイヤになりますね(汗

さっきまでは評価は★3位でしたが、以下に変わりました。
評価:★★★★☆


ちなみに今回の映画は、東京の地下鉄を犯人が新型の列車を使ってパニックを引き起こすのですが、
舞台となった架空の地下鉄は、東京メ○ロの路線そのものなのは、
首都圏在住の方はご存じだと思います。
事件の発端は[東陽線 葛西駅]から始まり、[東陽町駅]で第一のパニックが起こるんですが、
ウチの会社の最寄り駅が[東西線 東陽町駅]なんで、
何か親近感沸いてその辺のシーンは終始ニヤけてましたw
(流石に駅の構造は全く違ってましたが)

しかも更に驚いたのは、九段下駅でのやりとりの際、千葉方面の案内にはきちんと

【西船橋 津田沼 東葉勝田台方面】
([東葉]までは良く見えませんでしたが、[勝田台]はハッキリ書いてました。)

ときっちり書いてあったのが、凄い驚き&嬉しかったですね。

・・・ローカルなネタですんません。自宅最寄りの線なもんで(汗
[PR]

  by justice_fc3s | 2005-05-14 23:30 | 映像

最近・・・

仕事やらロマサガやらGWやらロマサガやらで何にもネタが無く、
更新が恐ろしく滞ってるので、久しぶりに何か戯れ言でも述べようかなと思ってます。


乙葉・藤井隆 婚約おめでとう!!

微妙に遅い話題でゴメンナサイ。
婚約報道も、中村獅堂&竹内結子カップルに持って行かれ、
ほんの少ししか目立ってなかったし。(コレまた微妙に古いw
まぁ実際、おめでとうなんて心にも思ってない事を書いちゃいましたが、おめでとうございます(棒読み)

別に婚約の話題自体どうでも良いのですが、
この間会社の食堂で一人寂しく昼食を取っていたんですよ。
そしたら、隣に座ってた二人のOLさんがこの話題をしてたんですが、
小耳立てて聞いてみると、味噌汁吹き出しそうになっちゃいまして・・・

OL-A「乙葉と藤井隆、婚約したよね~!」
OL-B「そうね~!」
OL-A「けど、藤井隆だったら微妙だし、まぁいっか!



・・・・・・何がいいんでしょうかね(汗
てか何様だw

アンタ、乙葉にライバル意識でも燃やしてるんですか?

『藤井隆なんてあんたにあげてやるわよ!けど私はもっといい男と結婚するから見てなさいよ!』

とでも思ってかのような言い草っすね。
自分は別に、乙葉のファンでもなければ好みでもないんで、どうでも良いんですがね。
とりあえず、

『藤井隆なんてアタシには釣り合わないわ!』

と言える程の自信なのですから、どれ程のものかと思ったのですが、まぁお約束な感じですな(笑




そんな訳でここで一句。

旬過ぎて 手遅れ気付かぬ その姿 夢見る女の 妄想悲しき


ありがとうございました。
[PR]

  by justice_fc3s | 2005-05-13 22:00 | 雑記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE